制度融資ってなに?

2012-03-12

 「制度融資」とは、都や各区と信用保証協会及び指定金融機関の3者が協調して行う融資で、中小企業者が金融機関から資金の調達や融資を受けやすくするための制度です。
 

◆ 一般的なケースでは、以下の手順により融資が行われます。 

  1. 中小企業者から指定金融機関への融資申込み
  2. 指定金融機関から信用保証協会への保証申込み
  3. 保証協会による審査
  4. 保証協会から指定金融機関への保証決定通知
  5. 指定金融機関による審査
  6. 融資の実行

 
 制度融資は、様々なニーズに応じた融資が多く、低金利で高額な資金需要にも対応しやすいという利点があります。

 ※ 制度融資には、一般の金融機関があまり扱わない「創業時の融資」の他に、「個人事業者専用融資」や「事業承継融資」、「経営不振企業向け融資」など、バラエティーにとんだ商品が多く、また、金利は通常の融資と比較して、かなり低利となっています。

 また、区などが扱う制度融資の中には、利息や保証料を補助するものも数多くあります。

 
 < 代表的な制度融資(東京都) >

 
  小規模企業融資

  小規模事業者が対象。8,000万円まで。2.1%~2.7% または変動。

  小口資金融資

  小規模事業者が対象。1,250万円まで。2.1%~2.5% または変動金利。

  創業融資

  創業予定者と創業後5年未満の者が対象。2,500万円(開業後)  2.1%~2.7% または変動。

  経営一般

  一定の業種で前年同期の3ケ月間で比較して、前年より売り上げが5%以上減少している者 又は貸し渋りを受けている者などが対象。1億円  1.7%.~2.2%。

  借換え融資 

  複数の保証協会つきの融資を受けている者で、債務の一本化を希望する者が対象。5,000万円  金融機関が定める利率。  

  etc・・・・・

  
 各種制度融資についての詳しい内容は、こちら!

  
 
 ☆ 制度融資を受ける際の主な注意点としては・・・

    などがあげられます。

 


Copyright© 2011-2012 Ichigo(一期)行政書士事務所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-17-14 エイコービル1階 All Rights Reserved.